茶々丸のだらだらした日常

腹の横線が気になる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜露死苦

night.jpg

不良にもある程度の教養は欲しいものである。
ご町内の皆様に恥を晒し、いつまでもバカにされることのないよう、お願いしたいものだ。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/14(金) 15:57:26|
  2. 路地裏探索
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マンション見学

坐悪度


このマンションは世界一周するらしい。

自治会の会合とかあったりして。町会費やら組長やら、どうしているのだろうか。慰労会があって、最後に一本締めなのだろうか。
  1. 2006/04/13(木) 17:37:23|
  2. お気に入り画像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

アイドリングストップ

最近バスがよくアイドリングストップをする。省エネルギーとCO2削減ってことだろう。

エンジンをかける時多少ふかす事による燃料消費量と、アイドリングしたままによる消費量の、時間による推移を見比べると、約7秒という時間が分岐となるらしい。つまり、7秒以下ならばエンジンを止めないほうが地球に優しいのだ。

ところがバスときたら、5秒だろうと2秒だろうと、せせこましく止める。意味なきことはなはだしい。加えて、以前自家用車でマメマメしくアイドリングストップしていたら、バッテリーが上がって困った記憶がよみがえる。7秒分岐説の他にも、エンジン起動時に消費する電気量と走行によって補給される電気量のデータが必要となろう。老婆心ながらバスのバッテリーを心配になり、なんだか落ち着かない。

長めの信号にひっかかり、有効なるアイドリングストップタイムが訪れると、車内にはたちまち静寂が訪れる。ちょっとした物音がやたらと大きく感じ、何とも言えない緊張感が車内に立ち込める。話をしていた女性客も声をひそめる。一触即発の張り詰めた空気・・・、かなり落ち着かない。
公衆女性トイレに見かける水を流す音みたいな、アイドリングストップ時に流れるエンジン音を放送していて欲しいものだ。
  1. 2006/04/13(木) 11:50:12|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

旧ドラ

ドラえもんもう動く画像を見ることはなかろうと思っていたのだが・・・貴重な映像である。たしか日曜日の昼3時くらいからやってたと記憶している。声優は男だった。半年くらいで打ち切りになった。原作が良くてもキャストや演出が悪いとウケないということだ。
個人的にはエンディングが好きだった。あやふやな記憶だがこんな歌詞だった。
「サッササッサと飛び出せ飛び出せ飛び出せドラえもん
どんなものでも恐くは恐くは恐くはないぞ
コンピューターがもの言うもの言うもの言うものを言う
オイラかっこいいネコネコネコネコネコネコロボット
のび太負けるな助けに行くぞ~
髭がピンとなりゃ●●行くぞ~」
●●の部分が思い出せなかった。


<追記>
後日「テレビまんが懐かしのB面コレクション」なるCDに収録されていることに気づいたので、補足する。

さっささっさと飛び出せ飛び出せ飛び出せドラえもん
できたいことなど何にも何にも何にもないぞ
コンピューターが友達友達友達友だちさ
おいらカッコいいネコネコネコネコネコネコロボット
のび太泣くなよ助けに行くぞ
宿題なんか平気だい

さっささっさとやっつけろやっつけろやっつけろドラえもん
どんなやつでもこわくはこわくはこわくはないぞ
光線銃がものいうものいうものいうものをいう
おいら強いネコネコネコネコネコネコロボット
のび太負けるな助けに行くぞ
ヒゲがはりきりピンとなる

どうやら一番と二番が混同して記憶していたようだ。
  1. 2006/04/08(土) 10:56:25|
  2. お気に入り画像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奇面組

奇面組
世の中にはすごい人がいるものです。この謎の人物の個人サイトがまたすごい。ピカチューにテラワロス
  1. 2006/04/06(木) 11:19:56|
  2. お気に入り画像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

茶々丸

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。