茶々丸のだらだらした日常

腹の横線が気になる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

火災のあと

近くが火事でした。

現場検証の間、消防車の背後に控える作業トラック隊は、トーエネックの電気工事車。消防車と入れ替わりに15台のトラックの荘厳な入場シーンにはサンダーバードのエンディングテーマがよく似合う。「ヤツらは本気だ!」二列縦隊に整列し、それぞれのクレーンがグングン伸びていく。真っ黒に焼けた電信柱のトランスを速やかに交換している間に、下のほうの電線を取替える。出初式のはしご芸を髣髴とさせる作業員の電柱ワークが見物人の目を引く。そしてたちまちのうちに電気が復活し、たちまちのうちに撤収していった。なんだか印象良過ぎじゃね?
スポンサーサイト
  1. 2006/01/30(月) 13:09:01|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おでん考察

冬はおでんやね。

うでんおどんそれにしても鍋料理の中でおでんほど具の個性が際立ったものもないであろう。いやむしろ主砲不在のチームプレイ。四球で出塁→盗塁→送りバント→犠牲フライで一点みたいな何ともパっとしない弱々しき具たち。挙句の果てに歴史に名だたるおでん屋ときたら、創業以来継ぎ足し継ぎ足ししてダシ汁を今に伝えること百年余ときたもんだ。ちょっとキモチワルクなる。

おでんレギュラーを羅列してみれば(地域格差があるので、あくまで独断で)、ハンペン・こんにゃく・ダイコン・モツ・玉子・練り物各種にきんちゃく等々。
関東で言うはんぺんは、白くてフワフワした微妙な食べ物。マシュマロかっつーの!プカプカ浮いて、美味いんだかまずいんだかよくワカラン、とにかくキモチワルイことだけは確か。
こんにゃくはイマイチ味がしない。大体あれってほどんど消化されずに出てくるらしい。昔ばあちゃんが言っていた別名「キ○タマの砂払い」。払って欲しいのは山々であるが、恐らく出てくるまでにキ○タマは通過しないと思われ。
ダイコンはおでんの中で何やらえらそうな存在感がある。野菜のクセに!これも味が薄くておかず度は低い。薄味な故に辛子をつけ過ぎるとやたらと辛くて鼻がツンツンする。そのへんの微妙な配分がスリリングだ。
モツやら牛スジやらは、どこの肉だかワカラン。だからよくよく観察すると不気味な肉である。所詮は主役になれる器ではない。
玉子はねぇ、箸で割ると黄身がボロボロと崩れて食べにくいのですよ。しかも中は味がイマイチしないのですよ。
練り物で、中にイカが入ってたりするの、あれね、最初の一口でイカが全部ズル抜けちゃうの、絶対許せない訳ですよ。最悪なのは「ちくわぶ」。モッタリ重すぎで間抜け。のろまで愚鈍なキレがないイメージ。
そして、きんちゃくの中に入ってる餅、ちょっと場違いって感じ。
最後にこんぶ。あんたダシでしょ。

そんな訳で、おでんは大好きである。
  1. 2006/01/27(金) 15:49:56|
  2. きょうのメニュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

today

厄払いに行った先で、お札を受け取った後、おみくじをひく。

ビンゴ・・・
100円をドブに捨てた気分である。悔しいので、このイヤ~な感じを画像で振りまいてやるのだ。これを見たものは「凶」

これから良くなればいいのだが、まだ下が(大凶)あるので、必ずしも底とは限らない。
  1. 2006/01/20(金) 10:38:31|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

みかんや

『みかんや』のみかんは美味い。

みかんやは、おばちゃんがひとりでやっている。店内はいろんな種類のみかんがごちゃごちゃ並んでいる。

おばちゃんは、みかんを作って、収穫して、販売して、全部ひとりでやる。山を持っていて、いろんな品種のみかんがあるので、ちょっとづつ時期をずらして旬のみかんが収穫される。
収穫している間、店は無人販売所と化す。値段はついてないので、適当にビンに入れればいい。おつりがほしい人はビンから取ればいい。

みかんやのイチオシみかんは、『スノーチャイルド』という小玉みかんだ。糖度が高く、適度な酸味と混ざって、濃厚で芳醇な味わいなのだ。おばちゃんらしくないネーミングに違和感があったのだが、実はおばちゃんの名前は「雪子」・・・。なんつっても看板娘の看板商品ってことなのだ。

久しぶりに食べたくなって買いに行くと「あぁ、あんたっちの子供は大きくなっただか?」などとメチャ至近距離話題を始めるが、話を進めるうちに、どうやら別の子供と微妙に混ざっているようである。「いつもの小さいのは?」とたずねると、ついさっきこっちの赤いみかんを買いに来たお客さんに、最後の一袋を無理に売りつけてしまったそうで、「でもこれも一緒。」と、木箱にゴロゴロしてるみかんを早速ビニール袋に詰め始めた。話の展開が読めないが、まぁいつものことだ。適当に30個くらい詰めて「100円」と言う。相変わらず安すぎである。しかも、「こっちのこれも持ってきな。これ普通で買うと600円するだよ。」と、ナントカっていう銘柄の黄色っぽいみかんを一袋10個ちょっとくれた。

味は最高、おばちゃん最高、しかも超破格の『みかんや』は、知る人ぞ知るすごい店なのだ。当然場所は秘密なのだ。
  1. 2006/01/13(金) 17:20:04|
  2. きょうのメニュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どんど焼き

正月飾りを燃やす「どんど焼き」が各所で行われる今日このごろ。

昨今の正月飾りは、ビニールやプラスチックが含まれているものが多いので、恐らくかなりのダイオキシンを放出しているに違いない。そろそろ法律的にヤバい行事なんじゃないかと思う。まぁそれはいいとして。
家庭内のゴミ、怪しい書類や領収書の束など、どさくさに紛れて持ってくるのはどうかと思う。
  1. 2006/01/09(月) 15:09:26|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケンタチキン

ケンタッキーフライドチキンの看板商品を食べた。

TVCMで見ると何ともウマそう。あれと同じように、手で持ってかぶりつく。油が結構多い。指がベタベタになる。骨がある。どこの部分の骨だか不明で、予測のつかない形の骨だ。骨があるから、きれいに食べようとすると口の周りがベタベタになる。軟骨がある。食べれるだか食べれないだか、ギリギリのところだ。食感はいいとは言えない。

思うところが多い食べ物である。みな一生懸命苦心しながらチキンと格闘しているに違いない。どうりで無言である。
食べ進むほどにかなり原始的かつ動物的な状態に陥る。食べ終わるころには相当ナーバスなベタベタ具合となる。

実に不快な食べ物である。
  1. 2006/01/06(金) 14:01:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

年賀状

いつものように年賀状(裏バージョン)を作ったら、親から「お願いだからそれだけはやめて」と反発を受け、素直にボツにした。改めて作ったら「それだったらまだ前の方がまだマシ」と、更なる猛反発を喰らった。そういうわけで、両方採用とした。グロ系とブラック系。ほしい方は年賀状ください。(グロかブラックかのご指定をお忘れなく。)

ちなみに昨年は、冬ソナブームにあやかった、チェジウと絡むワタクシのコラージュで、ヨン様ファンから非難轟々でした。(ムフフ)
  1. 2006/01/05(木) 15:47:15|
  2. お気に入り画像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

茶々丸

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。