茶々丸のだらだらした日常

腹の横線が気になる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バスタオル

バスタオルって毎回洗うものだろうか?

根っからの貧乏性(ケチとも云う)なワタクシ的には、入浴後の綺麗な体を拭くのだし、2~3回は使ってもいいと思う。

一度使ったバスタオルを、干して再利用。しかしそのタオルは決して新鮮という訳ではない。どこかを拭いた訳だ。その「どこか」は、非常に重要なことである。いくら入浴後の綺麗な体を拭いたからと言って、アソコを拭いたところでココを拭くのはどうかと思うのだ。いっそ言ってしまうが、股間を拭いた場所で顔を拭きたくないのだ。もうちょっと具体的に、かつ抽象的に言うならば、出口を拭いた所で入口を拭きたくないのだ。

そのような致命的なミスを犯さぬよう、常日頃、バスタオルのどこで体のどこを拭くかというのを決めるようにしている。言うまでもないが、バスタオルは当然自分専用である。

タオルには上下がある。絵が描かれていれば一目瞭然。絵や文字が横書きであれば、左が上で右が下となる。動物が描かれているなら、頭が上でシッポが下(だいたい左向きである)。下側には素材表記されてる札が付いていて、無地のタオルでもそれで上下がわかる。
で、当然上で顔を拭く。そのちょっと下は頭、真ん中で上半身、下の方は下半身担当となる。これで安心して、何度もバスタオルを使えるというものだ。

酔っ払っていたり、うっかりミスで間違うことがたまにある。その場合は容赦なく洗濯にまわす。掟破りはキビシイ制裁ナノダ。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/24(木) 11:11:32|
  2. こだわり生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミッシェル

ついに自転車を廃棄処分することにした。学生時代に東京を疾走した友、名を「ミッシェル」と云ふ。ギアなしにも関わらずゴチャゴチャした都心を風のように通り過ぎたミッシェルは、下町のおいちゃんおばちゃんから「黄色い小悪魔」と恐れられたもんだ。

上野神田御茶ノ水、チョロチョロ流れる神田川、銀座新宿池袋、粋なネェちゃん立小便、横浜山手伊勢佐木町、○○の周りは○○だらけ、ミッシェルと共に駆け巡った街並みが、走馬灯のように駆け巡る。横浜に住んでいたのは坂の上、毎日毎晩その坂をグイグイと登ったおかげでペダルの噛みあわせが消耗し、いくら漕げども空回りになっちゃったこともありました。幾多の苦楽を共にして、ここ10年はすっかり隠居の身、黄色い疾風はサビにまみれ、自転車置き場の片隅に淋しくたたずんでおりました。

そして昨年、新しい自転車「山田」の登場により、いよいよミッシェルとの別れを決意するに至ったのである。さらばミッシェル。君のその勇姿は決して忘れることはないだろう。共に駆け抜けた我らの青春は、この胸に深く刻み込まれている。
  1. 2005/11/07(月) 10:30:54|
  2. こだわり生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。