茶々丸のだらだらした日常

腹の横線が気になる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

汗っかき

色んなシーンで異なる部分に汗をかくものだ。
そんなワタシは汗っかき。
今日は、現在研究中である『辛い食べ物を食べた時、いかにして汗をかかないか』についての中間報告を発表したい。

汗をかく代表的食べ物と言えば、カレー、坦々麺、キムチチゲ、四川料理などである。体は熱く火照り、頭はボーっとしてくる。だいたい匂いを嗅いだだけで毛穴がムズムズする。一口二口食べているうちは余裕ぶっこいていられるが、そのうち舌がヒリヒリ、体が熱って、たまらず水に手を伸ばす。

健康番組で入浴について特集していた。半身浴をしている途中で一度上がり、体のどこかに冷や水を掛けてからもう一度湯につかると、一気に毛穴が開いて汗が出るそうだ。

つまりここで体を冷やしてしまうと、滝のように止め処なく汗が噴出すのだ。それに舌をリセットしてしまうと、その後辛さが倍増した気がする。熱くても、辛くても、グッとこらえ、水の誘惑に負けることなく最後まで食べきるのだ。水はダメだがお茶だったら大丈夫。とにかく膨張した血管をキュっと閉めないことが大切。

まぁそこで我慢したからといって汗をかかないわけではない。これからもまだまだ研究は続く。飄々と3倍爆裂坦々麺を涼しい顔をして食べている種族の体はどうなっているのか、是非分析してみたいものだ。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/26(月) 11:32:59|
  2. こだわり生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

不要な拍手

ホテルなんぞで行われる祝宴やら懇親会では、主要人物の挨拶の後に乾杯となって、それからワイワイと始まるものだ。

で、その『乾杯』が、どうもしっくりこないのだ。

乾杯の音頭をとる御方の挨拶が長い短いはいいのだが、「では、カンパイ」「カンパ~イ」グビグビグビ、すかさずグラスを置いて拍手パチパチパチ・・・、その拍手がどうも気に入らない。

中国では杯を飲み乾し、底を見せると言う。西欧では、乾杯の瞬間に宴は始まる。しかし日本では、乾杯と言えど飲み乾さず、早業を競うかのようにすばやく杯を置いてに拍手する。

一体それは誰に対する何のための拍手なのだろうか。それもさっぱり解らない。でもなぜか周りが拍手するので、仕方なく付き合ってパチパチしてみる。

そんな意味不明のあの拍手を何とか止めさせる手立てはないものか。いや待てよ、、、もしかしたら飲んでいる間の無防備な静寂を拍手で打ち砕き、盛り上げようと言う狙いか。ならばその静寂を作らなければよいのだ。

「乾杯!」と言ったら、すぐに飲むんじゃなく、みんなとグラスを合わせてから飲むようにしなくてはならんと思う。揃ってすぐ飲むから静寂ができてしまうのだ。ひとしきりグラスを合わせてから、思い思いのタイミングで飲み始めればよいのだ。
さらに飲む時にはビールのCMのように「ゴクッゴクッゴクッ」と大きな音を立て、飲み終わったら「プッハー!」とか「クゥー!」などと全員でやったらどうか。

などという理想は夢のまた夢と葬り去られ、もやもやした気持ちを抱えながら、今日も祝宴は始まるのであった。
  1. 2005/09/22(木) 15:11:56|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謎人間「父」ファイル1

トイレでBigBenをしていた。
いきなり電気を消された。
(ドアに小窓があるので電気が点いているのが判るはず)

トイレでBigBenをしていた。
いきなり開けられた。
(普通電気を点けてから開くから既に点いていれば判るはず)

人がいる可能性がある場合、ノックするのが
常識というものではなかろうか。
まだまだ自分は甘いと痛感した。

先日ペペロンチーノの鷹の爪一本を食べてしまった父が
「辛いものを入れるな」と母に怒っていた。
母は「唐辛子が辛いのは当たり前だ」と言うと「あれが
唐辛子だとは知らん。食えないものを入れるな」とさらに
怒っていた。

怒る前に無知を恥じよ父!(涙)
  1. 2005/09/12(月) 13:53:21|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

正体不明食べ物

フライ、天麩羅、おにぎり・・・
中の具が何だか判らないことが多い。

飲み屋でフライ盛り合わせを頼んで、肉と思ってかぶりついたらイモだった。
白身魚の天麩羅と思ったらイカだった。
昆布のおにぎりかと思ったら梅だった。

そんな悲しい思いをしたこと、誰でも一度はあるはず。人には好みというものがある。食べる順番にもこだわりがある。フライなら何でもいい、おにぎりなら何でもいいというものではない。今食べたいものを食わせろ。

潔く正体を明らかにせよ!
  1. 2005/09/11(日) 16:23:38|
  2. きょうのメニュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

串カツの裏切り

初めて串カツを食べたあの日のことを未だ忘れない。

『串カツ』と初めて聞けば誰だって串にカツがささっている『豚串揚げ』を想像するでしょう。キツネ色にカラっと上がったフライにソースを掛け、ジューシーな豚肉を想像してパクっといく。がしかし、予想を裏切られるグシュっという歯ごたえ。鼻に広がる甘ったるい匂い。

タマネギやん!

即座に解剖に取り掛かる。明らかになった実態は、大量のタマネギの間に挟まった申し訳程度の豚肉片が2個。純粋に肉を食べたかった純朴な清い心は、許しがたい詐欺行為によって完膚なきまでに粉砕された。よくも恥ずかしげもなく抜け抜けと『串カツ』などと命名したもんだ。誰がどう見たって『串ネギ』じゃねぇか!

串カツを許すことは二度とないだろう。
  1. 2005/09/09(金) 10:28:08|
  2. きょうのメニュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

母の味

母が晩飯にオムレツを作ってくれた。
炒めたタマネギと挽肉が包まってる。
一口食べた。
昔の記憶が蘇る懐かしい味。
「懐かしいな~」
「でしょ?」とうれしそうな母。
「うん、これ嫌いで我慢して食べたな~。」
かわいそうな母であった。
  1. 2005/09/06(火) 17:21:11|
  2. きょうのメニュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

茶々丸

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。