茶々丸のだらだらした日常

腹の横線が気になる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おにぎり

おにぎりはどうして中心にしか具が入っていないのか。

おにぎりに対して、世間は評価が寛大すぎるのではないか。たいやきのしっぽに"あん"が入ってないとギャーギャー言うくせに、おにぎりの最初と最後はたいがいご飯と海苔だけなのに、何も文句を言わないのは不公平甚だしい。おにぎりも、一口目から、どこから食いついても具があってほしいのだ。

しかもケチな店のおにぎりの場合、具は少量で中心深く埋没し、2口3口と食べ進んでも一向に出てこないことがある。そういうおにぎりに限って、米も大してうまくかったりする。

コンビニのおにぎりは、ご飯の中に具が収まっておらず、おにぎりのモラルに反し失格。抜き取ったフィルムに具が微妙にくっついてきてもったいないし、捨てる時に余計な注意が必要になる。うっかり指にくっついたりしたら舐め舐めしなきゃならないし。特に明太子。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/31(火) 16:09:42|
  2. きょうのメニュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ソーセージ

開かない魚肉ソーセージほど憎たらしいものは無い。

小さいフィルムが張ってあって、それを剥がすと切れ目が出現し容易に開けられるというのがある。最初のフィルムの微妙にめくれている部分がやたら小さくてつまみにくいし、途中でブチっと切れたりするし、剥がせたとして切れ目が存在しなかったりするし、最高にイライラする。

QBBチーズ方式は、赤いスジを剥がすとペロンと剥ける筈なのだが、ほぼ失敗する。成功したのは過去に3回あるかないか。

最初から何も施されていないヤツもある。言語道断。消費者をなんだと思っているのか!先日運転中にそういうソーセージに当たり、非常に困った。もう二度と買うもんかと思った。

お願いだからもっと簡単に確実に開けられるものを即刻開発してほしい。

追記:ソーセージの一番好きな部分は、端っこのしわしわしてるところ。
  1. 2005/05/31(火) 15:51:07|
  2. きょうのメニュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

健忘症な一日

財布が見当たらない。前の日にパーキングの支払いをした後から記憶が無い。降りるとき路上に落とした可能性が高い。結局見つからぬまま外出。4時間後、何度も見た筈のバックのポケットから発見!なんとも不思議なバックだ。

自転車の鍵が見当たらない。施錠後、鍵に触った記憶が無い。ポケットに入れて、他の物を取り出した時落とした可能性が高い。半ば諦めていたら仕事場の鍵置き場にあった!不思議なこともあるものだ。

そういう事があといくつかあったのだが、忘れた。
  1. 2005/05/30(月) 18:53:39|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オエップサイトへのリンク

その1:カツカレー大盛り倶楽部
その2:大食いチャレンジャー
番外編:未知との遭遇(放置系)

深い意味ないです。
  1. 2005/05/26(木) 10:45:07|
  2. きょうのメニュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

夜道の歩き方

夜道を一人で歩く。10m位前に若い女性が同じ方向に歩いている。こちらの方が微妙に速度が速い。こんな時、、、
その女性にしてみれば、背後から足音が徐々に近づいてくる訳で、しかも暗い夜道、不安になるなという方が無理である。

しかし私はそのような疑いは掛けられたくないのだ。

気持ちは充分理解出来るが、だからといって恐怖をあらわにし振り返られるのは、こちらとしては気分のいいものではない。そこで、相手を気遣うと同時にこちらも傷つかぬよう、こちらに敵意が無い善良な市民だということを振り返らずして悟らせる方法はないものかと考える。

まず存在していることを伝えるため、足音は大きめにしてみる。こちらが相手を意識していないことを伝えるため、携帯電話を鳴らしてみて「もしも~し」などと演技してみる。追い越す際も携帯電話でしきりにメールを打ち込んでいる演技をしてみる。

今のところその程度であるが、何か名案はないものか。いっそ声を掛けて仲良くなってしまうとか(自爆)
  1. 2005/05/19(木) 10:23:21|
  2. こだわり生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

紙コップのクルン

人類の探究心はとどまるところを知らない・・・

紙コップの口をつけるところって、クルンと丸まっている。あれを伸ばすとどうなるのだろうか。

仮説1:防水の為に蝋が巻かれているらしい。
仮説2:白いカスが溜まっていて、チーズ臭がするらしい。
仮説3:なにもないらしい。

答えは夢と希望あふれる2であってほしいと願うが、もし本当だったら恐ろしいので、確認できない。
  1. 2005/05/17(火) 15:52:46|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一番取り競争~その2

浅ましい戦いは「鍵」の枠を超え、「鏡」にまで進出していた。確かに順番にページを捲っていくと、同じ金偏なのでちょっと間違えやすいかも。恐るべし!
  1. 2005/05/14(土) 15:46:51|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一番取り競争

タウンページで「鍵」の項目をご覧あれ。
浅ましい戦いの勝者は誰だ!?
  1. 2005/05/09(月) 15:26:17|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

便意@small

また下ネタかとお思いでしょうが・・・。

小学校の頃からなんですが、、、ふと気づくとおしっこを我慢している。便意は突然、前触れ無くやってくる。本屋、電気屋、レンタルビデオ屋等は、パブロフの犬状態である。

我慢していると、便意に周期があることに気づく。さっきまで猛烈に行きたかったのに、ふと和らぎ、何も無かったような静寂な時間が訪れる。そこで気を緩めていると、第二波に襲われる。

これはどういうことか。膀胱のキャパシティは決まっている。和らいだ時間、無意識に括約筋は働いているのだ。それを突如、意識的に我慢せねばならなくなるのはなぜか。さては脳の仕業であろう。便意を感じさせ、耐え難いものにさせているのは、膀胱でも括約筋でもなく、脳だ。

そこで冷静に、波が訪れた時の括約筋の働きを感じてみる。それは和らぎの時とさほど変わらないのである。さすればこの耐え難き便意を治めるには脳への呼びかけしかない。

まず、おしっこをしたいと思わないこと。子供の頃、夜トイレへ行く廊下が怖い時「オバケなんてないさ」の歌を頭でイメージしていたのと同じ要領で、「私はおしっこしたい訳じゃない」を強く念じると、和らぎタイムが長くなる。「私はおしっこしたくない」とすると、逆におしっこに固執してしまう恐れがある。「訳じゃない」とすれば、他にやんごとなき事情がありそうで、意識がそれるのだ。
そして、トイレへの道筋をイメージし、来るべき開放の時を約束する。そして呼びかける。「自分の体よ慌てるな。あと○分後には出してやるから。」

便意に勝利する日は近い。
  1. 2005/05/06(金) 10:58:50|
  2. こだわり生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怒りの歯医者

噛む時歯が痛むので歯医者に行った。

待合室に流れるオルゴールの曲によって、緊張感が倦怠感に変わり睡魔に襲われる。時折キュイーンという無慈悲な残虐音が割り込んで我に返る。

痛むのは過去に治療した歯のようで、被せてある金属をエライ苦労の末に外し、手鏡を持たされて見ると、歯の中は真っ黒デロデロで、これから治療がどんな痛くても耐える覚悟を決めざるを得ない状態だった。

レントゲン撮影をした。最近は放射線量が10年前の10分の1で安全らしい。じゃあ10年前はなんだったんだ!それで思い出すのは「効果が今までの2倍」をうたい文句にする新商品。じゃあ前のはなんなんだ、すごく効くって言ってたやん!とつっこみたくなる。

レントゲンの機械に張り付けられるのも一苦労。首がこうで足位置がここで手でここもって口でここ加えておでこをこうで、首はもっとこうで顎をここ・・・レントゲンを外して体だけの状態になったら、直立歩行を始めた原始人のような格好・・・頭にくる。奥歯の部分撮影で、反射板を口に押し込められるのだが、舌と歯茎の間の奥の方にぐいぐいぐいぐいやられ、オエー状態。しかも痛い。頭にくる。

歯茎チェックをした。先の尖がった金属でブスブスやられる。頭にくる。
麻酔をした。麻酔は痛くなくするための処置なので仕方ないとはいえ、何箇所もブスブスやられた。頭にくる。

麻酔が効いて、ちょっとフラついた。口に感覚が無く、空腹だったが食事が出来ない。頭にくる。
  1. 2005/05/03(火) 14:07:43|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。