茶々丸のだらだらした日常

腹の横線が気になる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5年という歳月

すみません、mixiとfacebookにうつつを抜かしていました。

ご無沙汰してます

気付けばいい歳になってしまいました。
そんな折、あまり食べない方が若さが保てるという説がまことしやかに囁かれています。
これだ!とばかりに、早速朝飯を抜いたんですが、なんとなく髪が細くなり、ほうれい線が目立つようになり、持続力がなくなったような気がしてなりません。そういえば、朝抜いた分、夜に飲む機会が増えたような気がしてなりません。あと、運動していないような気がしてなりません。

以上、ここのところの報告でした。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/27(日) 17:56:54|
  2. 気になること

有吉

最高です。
http://2chart.fc2web.com/2chart/oshaberikusoyarou.html
  1. 2010/06/15(火) 13:47:34|
  2. 気になること

さくら餅
桜開花宣言ときたもんだ。
さくら餅はさくらの葉っぱをいっしょに食べるわけだ。
風流なお菓子ですなぁ。
でも
どう考えても葉っぱは去年以前のだよね。
  1. 2010/03/22(月) 16:31:03|
  2. 未分類

男性用パンツの形態による失態

最近は、ブリーフとトランクスという二つのくくりでは納まりきれなくなりつつある男性用パンツ事情。
外観はどうであれ、チンコを出す方法は限定される。大きく分けて、穴から出すか上から出すかである。子供の頃は、脇から出すという方法を好んでいたが、モノが大きくなるにつれ、無理が生じてきて、いつしかやらなくなった。上から出すことについては、穴がないからしょうがないわけであるが、慣れてくると違和感なく、しかも納めるのが楽である。
さて問題は「穴型」である。穴型には二種類の形態があり、ボタン付きとボタンのない折り込み式である。ボタンなしは昔からあって懐かしいものがあるが、問題はボタンである。限界便意でトイレに駆け込んだ時のような緊急性が高い場合、いかに速やかにノズルを出すかということが求めれるのだ。ボタンが掛かっていると、これが非常によろしくない。あわあわあわあわ・・・である。だからといって、ボタンをかけないでおくと、ふとしたことで、ズボンの中でコンニチワしてしまうことがある。困ったものである。
酔っ払って帰宅し、Yシャツを脱ごうとしたら、シャツがどこかに引っかかってなかなか脱げない。あれれれれ?と思いズボンを脱いだら、シャツのボタンとパンツのボタンが掛け違えていて、シャツとパンツがくっついていた。全く困ったものである。
  1. 2009/11/24(火) 13:12:21|
  2. 気になること

ぬーぼー

いつのまに

ボジョレーが

ボージョレになったのだ

来年は

ボジョーレだな
  1. 2009/11/23(月) 13:02:56|
  2. 気になること

鳥のバランス感覚はハンパない

そのハトは、片足の指が2本欠損していた

痛そうに足を引きずりながら歩いている

立ち止まると片足立ち

片足で立ったまま毛づくろい

首をあっちにひねってこっちにひねって

おいおい

そのたびに重心変わるだろが

愚鈍な人類ならば

足の指で大地を踏ん張り

プルプルグラグラやるところだが

ハトめ

足元のブレなど一切なく

余裕でバランスを保っている

まさにピンポイントの重心

立ったまま寝るフラミンゴならまだしも

ポッポッポハトポッポごときに

能力の差を見せ付けられるとは思わなんだ
  1. 2009/08/28(金) 16:38:06|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダンゴ虫

掃き掃除してたら、ひっくり返って動かないダンゴ虫を発見した。
死んでいると思ってほうきで掃くと、丸くなって転がった。
転がって起き上がり、歩いていった。

丸くなって転がった後、向きが悪いと永久にひっくり返ったままのダンゴ虫。
ダンゴになるのも命がけなんだなぁ。。。
  1. 2009/08/10(月) 11:21:23|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

車の運転手はオレのチャリテクを信用していない

全く気に入らない。

チャリで走行中、車が背後から来た。

車が来たことを私は認識したということをドライバーに知らしめるために、あえて後方視し、さらに道路左側に寄って走行する。

ところが車ときたら、片側一車線の二車線道路の、完全なる対向車線に、センターラインをわざわざ越えて、これ以上ないほどの距離をとって追い越していく。

これは完全なる侮辱にほかならない。
はらわたが煮えくり返る思いである。
このようなことは、チャリに乗ると必ずある。

ドライバーが己の運転技術に不安を感じているのかもしれんが、5mの距離は必要なかろう。

あまりに腹立たしいので、最近ではチャリでは右側走行と決めた。こうなればヤツらが追い越すとき、「わざわざ」よけてくださらなくてもいいわけだ。
正面からやってくる車に対しては、こっちがわざわざ左車線に移ってよけてやる。そういうわけで、車には全く迷惑かけずにチャリを運転している。
  1. 2009/04/04(土) 00:40:20|
  2. こだわり生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

完璧なるンコ

常々話題になる「完璧なンコ」である。
さまざまな「完璧」あろうと思うが、このたび一つの究極を見た。

まず「完璧」を満たす最低条件として「拭いた時、紙にンコカスが付かない」ということは押さえておきたい。それには、太さ、硬さ、水分保有量など、さまざまな要素が揃うことが必要である。

今回、それを期待させる、非常によい感触が、肛門から伝わった。しかも長い。一日ためただけのことはある。

そして肝心なフィニッシュは・・・

トプ~ン

トイレに心地よい音が響き渡る。
直腸に宿便を残さないキレのよさ。まさに「糞切りがいい」というヤツである。
残便感は全くない。一発ですべて出切った。

早速トイレットペーパを短めにカットし拭いてみると、案の定カスは付着しない。

パンツを上げ、その素晴らしき作品との対面を果たすべく、最大限の期待を込めて便器に目を移す。

ん?

何もない・・・

水の中には、先ほど拭いたトイレットペーパーが浮いているだけで、ンコは影も形もない。まさかと思い、じわじわと水を流してみても、ンコは顔を見せない。
こんなことがあるのだろうか。

ヤツは、トプ~ンという心地よい響きを残し、トイレの奥深くに吸い込まれてしまったのだ!
なんという潔さ。いや吸い込まれたんじゃない。己の姿を晒すことをはばかり、自らの意思で去っていったのだ。あまりにカッコ良すぎるじゃないか!

拭かなくていいどころか、流さなくていいンコ・・・
これほどの完璧があろうか。

後にはほんのわずかな余韻が残るのみであった。
  1. 2009/03/26(木) 12:02:58|
  2. こだわり生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キモチワルイ

つぶつぶ
べつに最初から「ざくろ」だったらいいのに
「みかん」なだけに気持ち悪く思えてしまう
味は まいうー
  1. 2009/02/08(日) 16:53:30|
  2. 気になること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

茶々丸

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。